北海道、岩内の自然とともに生きた画家 木田金次郎の世界

孤高の画家として知られる木田金次郎。 岩内の網元の子として生まれ、岩内で絵筆を握り続けた彼は、有島武郎の小説『生れ出づる悩み』のモデルともなった。ダイナミックなタッチによる作品からは、故郷の海と自然をこよなく愛し、独自の画境を切り拓いたことが伝わってくるよう。また、美術館ではユニークな特別展やコンサート等も開催されている。

おすすめ

大人 500円

高校生 200円

小・中学生 100円

ギャラリー

地図

Loading map...